オフィス移転は業績見合いで

オフィス移転では、スタッフが多くなったとか、展示品スペースがもっと欲しいとか、お客様ゾーンを増やしたいというような理由が多く挙げられます。

また、逆に経費を少しでも減らしたいので、スペースを少なくするとか、坪単価の低いビルに移りたいということもあります。

いずれにしても、オフィス移転では、思った以上にお金がかかることを否定できません。

まず、移転前のオフィスに関する原状回復費用があります。たとえ敷金や保証金で賄えたとしても、お金としてはマイナスになります。

それに新しいオフィスへ入るための、敷金や保証金そして前家賃といった具合です。
その他にも引っ越し費用も馬鹿になりません。人件費が上昇しているので、かなりの部分をいわゆる手間賃に持って行かれます。

レイアウトをし直すことを考えても大変ですし、IT関係のインフラ整備などでも結構かかります。

また、これらの準備をする社員の人件費も計上する必要があります。仕事に支障を来さないということを考えると、準備や引っ越しは、休日ということになるので、時間外勤務手当や休日出勤手当もかさむということになります。

ということなので、オフィス移転は業績見合いが必要になります。この場合、業績低下で真にやむを得ない場合は、覚悟して実施ということになりますが、出来ることであれば上昇時に行うのが良いとされています。経費で吸収してしまえることや、設備なども設備投資として裁ける可能性があることが、その理由です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です