オフィス移転をする際に業者を選ぶポイントについて

オフィス移転は、かつては業種ごとに業者に依頼をすることで行われていましたが、現在ではワンストップによるサービスを提供している業者も存在します。

ワンストップ業者の大きなメリットに企業側担当者の負担を大幅に軽減できることがあり、依頼をすることで、
移転計画の作成からレイアウト・デザインの提案、運搬、内装工事、電話・ネットワーク配線・電気工事、現状回復工事、オフィス家具の搬入、廃棄物処理など、関連内容を窓口1つで進めることが可能になります。

オフィス移転の依頼では業者の選定は重要な要素になり、まず、どの範囲まで対応できるのか把握をすることが必要になります。

十分に把握をしないまま依頼をしていまうと、後々、他に発注が必要になるなど、混乱する原因になります。次に、実績と経験を上げることができます。オフィス移転の場合、スムースな進行はもちろんのこと法的にも精通していることが求められます。

例えば、個室1つを作るにも排煙、換気など建築基準法が関係してくることになり、特に避難関係は重要な要素になります。

関係法令としては、建基法の他にも、消防法があり、企業に求められるコンプライアンスとしては分煙対策などの健康増進法や、適切なオフィス環境を作るために労働基準法や労働安全衛生法が関係してくるケースもあります。

業者の選択では費用の確認も大きな要素となります。

オフィス移転の業者の料金は、サービス内容をはじめとして移転先への距離や規模によっても大きく異なることになります。依頼では必ず見積を取った上で判断をする必要があり、複数社の提示金額を比較することも選ぶ際のポイントになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です