気持ちのいいオフィスレイアウト

オフィスレイアウトを見直すチャンスはそう多くありませんが、異動や組織変更のタイミングで変更することもできます。やはり気持ちのいいオフィスレイアウトにすることで仕事の能率もよくなることが多いのです。特に机の配置や通路、キャビネットなどの配置を効率的に行うことができるように考えると仕事の作業性もよくなるのです。オフィスレイアウトで考えなければならないのは、まずエントランス部分です、オフィスの顔であるエントランスは明るく綺麗であることが大切です。もちろんそこで働く人もエントランスがキレイであると仕事のやる気にもつながります。仕事を行う場所はまず通路が大切です。通路はメインになるところはスペースをとっておくことと人の動きである動線を考えておくことです。机のレイアウトはコミュニケーションを重視するなら顔が向き合うスタイルもしくは席が近いレイアウトがよいということになります。逆に仕事に集中ができるようにするためにはスクールスタイルなどがあります。通路と机のレイアウトで業務の効率は大きく変わってきます。集中して仕事を続けてもやはり効率は悪くなってくるものです。そのような時に必要になるのがリフレッシュスペースなのです。気分を入れ替えることができるようにするためには、気軽に利用できるということが大切です。気軽に人があつまることで、そこでコミュニケーションをとることができ、メンバーの活性化に繋がるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です