さほど費用をかけずにオフィスレイアウトを変更する

オフィスレイアウトを変更するとなると、新しい備品を購入したり、専門の業者の力を借りなければならないと考え、二の足を踏んでしまうこともあることでしょう。それでも、働く人々の環境を守ったり、効率化を図るためには、必然的にオフィスレイアウトの変更が必要になる場合もあります。では、費用をかけずにオフィスレイアウトを変更することは可能なのでしょうか?現状のオフィスでは、集中力を要する仕事と、コミュニケーションを図って新たなビジネスニーズを掘り起こす仕事が混在した状況です。そのために、パーテーションをうまく活用することで、様々な種類の仕事の必要にもかない、かつ、費用を抑えることが可能になります。パーテーションは、既存のパーテーション以外にも、書類棚などを活用することもできます。特に、低い書類棚は、部署間や、執務エリアと共有エリアを分けるパーテーションとして使用することにより、スペースを効果的に区分することと、外部からでも話がしやすく、オフィスの活性化を促すことの両方を実現させることができます。もう少ししっかりとした間仕切りを設置したい場合は、業者に依頼してパーテーション工事をしてもらうことも検討できますが、その際、天井部分があいているタイプのパーテーションであれば、費用を抑えることができます。さらに、このタイプのパーテーションであれば、火災報知機やエアコンの位置を気にする必要がないという利点がありますが、防音はあまり期待できません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です